ドッグフードは水分量で区分

どんなワンちゃんにも好まれるドッグフードは、毎日の食事のこともそれほど考えることなく、犬の世話も楽になる食べ物として必要不可欠なものです。 そして、通常の食事だけでは摂り入れることのできない栄養素を全て含んでいますので、ドッグフードだけを与えていても、愛犬は元気で健康な日々を送ることができます。 そうした愛犬にとって最も大切なドッグフードですが、これらのドッグフードにもいくつかの種類があります。

ドッグフード選びはとても迷います。 犬種や成長期などの他、水分量で分けられる場合もあります。 特に水分量に関しては犬の体の調子や好みに合わせて選ぶことができ、ドッグフードを選ぶときの重要な決め手になります。 同じ犬が食べるものでも、水分量の違いで食いつきがいいこともあります。

ドッグフードを3つの種類に分けてみると、ドライタイプ、ウェットタイプ、ソフトドライタイプの3つに分かれます。 ドライタイプは水分量が10%以下になります。 そして、ウェットタイプは、水分量が80%以下になります。

さらにソフトドライタイプは、水分量が40%以下で、ウェットとドライの中間に位置しています。 同じような栄養素が入っていたとしても、水分量でかなり犬の好みが変わってくるので不思議です。 うまく調節しながら、犬の好みのドッグフードを与えるようにしましょう。 おいしいと感じたら、犬は毎日でもドッグフードを食べるようになります。

〜PICKUP〜
飼い犬に安心安全の餌を与えたい方向けの完全無添加ドッグフード通販サイト、ナチュラルドッグフードです・・・ナチュラルドッグフード

ドライタイプのドッグフード

ドライタイプのドッグフードは、一番たくさん販売されています。 それだけ多くの飼い主が購入しているもので、どんな愛犬にも合うようになっています。 さらにドライタイプのドッグフードは、値段も一番安くなっています。 毎日の愛犬の主食としても問題・・・

ウェットタイプのドッグフード

ウェットタイプのドッグフードは、ドライタイプに比べると圧倒的に水分量が多くなっています。 目安としては、だいたい70%から80%の水分量を含んでいるものが、ウェットタイプのドッグフードです。 ウェットタイプのものは、水分量が多いため、栄養素が少なくなることがあります。 そのため、ドライタイプのものよりもたくさん与える必要があり・・・

ソフトドライのドッグフード

ドッグフードは水分量によって、そのタイプも分かれています。 ドライタイプ、ウェットタイプ、そして、ソフトドライタイプのものです。 ソフトドライのものは、水分量も40%以下で粒状のものが多くなります。 ソフトドライを日本語で表現すると「半生」に・・・

Copyright ©2014 水分量で変わるドッグフード All Rights Reserved